話題のスキャンダルニュースを最速でアップデート!あのニュース、このニュースを徹底分析し独自見解を書き殴っていきます!

パナソニック 赤字 原因 倒産 可能性について





パナソニック 赤字 原因 倒産 可能性について

 

 

日本を代表する大企業、パナソニックが倒産の危機にあることはご存知ですか!?

 

 

今期の決済では、7000億円以上の赤字が確定しています。

 

 

 

当初は黒字を見込んでいたのですが、

最終結果は7000億の大赤字です。

 

 

 

 

 

パナソニック 赤字 原因としては、複数の理由が考えられます。

 

 

1:テレビが売れない

エコポイントの終了間際で過剰に買い求めた人がいたため、

エコポイント終了後、全く売れなくなった。

 

需要が減少した。

 

2:韓国勢の追い上げ

 

サムスンやLGなど、価格が安いテレビが出てきたため、

高いパナソニックのテレビが選ばれなくなった。

 

韓国勢の技術向上でパナソニックの存在価値が薄れてきた。

 

3:タイの大洪水

 

タイにある工場が大洪水で被害を受けた。

生産はストップ。

莫大な損害を受けてしまった。

 

4:サンヨーの買収

 

サンヨーの買収に莫大な金額を使った。

それによって経営を圧迫したことも事実。

 

5:コスト削減

 

人件費削減のためのリストラで多くの資金を使った。

 

 

 

ここまで見ても今年はパナソニックにとって最悪な年になってしまいました。

 

 

パナソニックの資金は1兆5千億あるとされていますが、

すでにその資金は使い果たし、

今回の7000億の赤字でさらに負債が増大されるとも言われています。

 

 

ただ、日本政府がパナソニックの倒産を回避させるでしょう。

 

 

あのような会社が倒産すれば、

世界は日本のイメージを悪く思うでしょうし、

事実、パナソニックが倒産するようなことがあれば日本は終わりでしょう。

 

 

日本政府が倒産を何とか回避させる。

 

この考えが妥当なのではないでしょうか。

 

 

しかし今、家電メーカーは窮地に追いやられていますね!

 

 

シャープの倒産危機。

 

ソニーが経営不振のため、銀行が金を貸さない。

 

NECが1万人規模のリストラを決行。

 

そして、パナソニックの7000億の大赤字。

 

 

 

まさに日本全体の危機なのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

楽天トラベルでお得に旅行を

CFD投資のメリット
ページ上部へ戻る