話題のスキャンダルニュースを最速でアップデート!あのニュース、このニュースを徹底分析し独自見解を書き殴っていきます!

エドウィン 倒産!?





ジーンズメーカーのエドウィン 倒産?

こんな情報が入ってきましたが、

ジーンズメーカー大手であるエドウィンがなぜ倒産の危機にあるのでしょうか。

 

これは今年の夏に発覚した事件なのですが、

300億円を超えるデリバティブ損失、
600億円にも及ぶ資産架空計上、

500億円を超える債務超過状態、10年以上の粉飾決算!

こういったことが明るみになりました。

 

ユニクロの激安ジーンズの販売でエドウィンの売り上げが落ちていると言われてきましたが、

実はそうではなかったのです!

 

 

会社が右肩下がりになっている原因は、

会社の内部があまりにもひどい状態だったからです。

 

ウソを嘘で塗り固めて、何が何だかわからない!

そんな状態になってしまい、10年もの粉飾決算を続けてきました。

 

そんなことをしていれば当然いつかは明るみに出ますよね!

 

そして出てきたときには、

300億の損失、600億の資産架空計上、500億を超える債務超過・・・

 

前代未聞と言えるほどのことをしてきたのです!

 

もちろんエドウィンは自力で会社再建はできません。

 

伊藤忠商事が支援に前向きであることと、
複数の大手企業がエドウインに興味を示しているようです。

 

なぜか。

 

それは、エドウィンが所有してる「505」「503」「LEE」「ラングラー」など

人気ブランドに興味があるからです。

 

エドウィンは人気ブランドを多く所有していますから、

伊藤忠商事などは、そこだけに興味があるのでしょう!

 

でなければ、支援するはずがありません。

 

「LEE」などは、年配の人から若い人まで幅広い層に人気があります。

 

これはのどから手が出るほど欲しいブランドなわけです!

 

こういった大手企業が支援してくれるため、

エドウィンはなんとか生き残ることができそうです!

 

このCM懐かしいですね^^

 

サムシングもエドウィンが所有するジーンズメーカー。

大手企業が欲しい理由が分かります!

 

 





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

楽天トラベルでお得に旅行を

CFD投資のメリット
ページ上部へ戻る